島根県で貸切バスを借りる料金のポイント

島根
島根は伝統や文化、歴史やレジャー施設の充実した観光地です。宍道湖を始め境港や中海など、貸切バスで巡れば行きたいスポットも自由自在に選べます。しじみ汁やのどぐろ料理、ぼてぼて茶やうずめ飯もあり、貸切バスなら島根グルメも満喫できるでしょう。「山陰の小京都」と呼ばれる津和野や手つかずの自然が残る隠岐など、貸切バスを利用した島根ならではの旅を楽しんで下さい。

島根県で貸切バスを借りる料金のポイント

仁摩サンドミュージアム
仁摩サンドミュージアムは、世界最大の砂時計が展示された博物館です。「砂暦(すなごよみ)」と呼ばれるこの砂時計は、1tの砂を1年かけて落とす仕組みになっています。館内には砂絵や砂標本作り、サンドアートやガラス工芸の体験コーナーもあります。お土産コーナーには、パステルカラーの砂時計やドラマ「砂時計」に登場した商品も並べられています。通常の時計とは異なるため、時間の流れに不思議な感覚が生まれるかもしれません。

島根県立美術館には、日本画や西洋絵画など多くの作品が展示されています。芝生エリアには12匹のウサギ彫刻が展示されており、「宍道湖側から2番目のウサギを触ると幸運に恵まれる」との噂も伝えられています。宍道湖側は島根県立美術館から西。出雲大社が鎮座する方角なので、ご縁結びにあやかったジンクスとも考えられます。

貸切バスを利用すれば、包丁作りやそば打ち体験可能な奥出雲へも足を延ばせます。松江からは県道25号経由で約60分。宿泊可能な奥出雲多根自然博物館や奥出雲たたらと刀剣館、三成ダムやトウトウの滝、「八岐大蛇(やまたのおろち)」に登場した斐伊川(ひいかわ)もあり、島根の奥深さを感じられる場所でしょう。貸切バスなら遠出に対応できるため、ご希望のスポットがあればお問い合わせ下さい。

中型バスを使った日帰り料金

参考価格)全国平均で算出

中型(27~28座席) 参考価格
平日 55,000円~
土日祝 58,000円~

(税抜き価格)
*7:00~20:00(8時間未満/行程内容により変動あり)

例1)大人22人で平日利用し、世界遺産と水族館巡り

◆貸切バス料金         :55,000円(利用時間/走行距離/発着場所で変動)
◆仁摩サンドミュージアム    :入館料650円(1人)22人分=14,300円
                 駐車料金は無料
◆石見銀山           :展示室観覧料260円(1人)22人分=5,720円
 体験料            :丁銀キーホルダー作り1,500円(1人)
                 22人分=33,000円
◆島根県立しまね海洋館アクアス:入館料1,250円(1人)22人分=27,500円
                駐車料金は無料

これらすべての合計=135,520円
1人あたり135,520円÷22人=6,160円

例2)大人22人で休日利用し、島根の御朱印巡り

◆貸切バス料金:58,000円(利用時間/走行距離/発着場所で変動)
◆美保神社  :参拝、駐車料金は無料
◆熊野大社  :参拝、駐車料金は無料
◆一畑薬師  :参拝、駐車料金は無料

これらすべての合計=58,000円
1人あたり58,000円÷22人=2,636円(四捨五入)

一畑薬師は「目の薬師」として有名です。薬師本堂でご祈念したほうじ茶もあり、水木しげる氏や小泉八雲氏も持ち帰ったと言われています。

大型バスを使った1泊2日料金

参考価格)全国平均で算出

大型(29~60座席) 参考価格
平日 59,000円~
土日祝 62,000円~

(税抜き価格)
*7:00~20:00(8時間未満/行程内容により変動あり)

例3)大人32人で平日利用し、「水の都」松江の旅

◆貸切バス料金  :59,000円×2日=118,000円(1泊2日)
         (利用時間/走行距離/発着場所で変動)
◆八重垣神社   :参拝無料
          駐車料金は無料
◆宍道湖観光遊覧船:乗船料1,350円
          駐車料金(1人)32人分=43,200円
 お弁当     :湖弁(うみべん)しじみ弁当2,100円(1人)32人分=67,200円
◆月照寺     :拝観料450円(1人)32人分=14,400円  
          駐車料金は無料
◆ホテル     :10,000円~12,000円(1人)32人分=320,000円~384,000円
◆島根県立美術館 :観覧料800円(1人/コレクション展時は240円)
          22人分=17,600円
          駐車料金は無料(3時間まで)
◆由志園     :入園料800円(1人/シーズンにより変動)32人分=25,600円
          駐車料金は無料

これらすべての合計=606,000円~670,000円
1人あたり606,000円~670,000円÷32人=18,938円~20,938円(四捨五入)

例4)大人32人で休日利用し、津和野~益田巡りコース

◆貸切バス料金 :62,000円×2日=124,000円(1泊2日)
          (利用時間/走行距離/発着場所で変動)
◆養老館    :入館料100円(1人/津和野町民は無料)32人分=3,200円
         駐車料金1,500円
◆津和野殿町通り:見学無料
         駐車料金は「養老館」見学に含む
◆雪舟の郷記念館:観覧料240円(1人)32人分=7,680円        
         駐車料金は無料
◆ホテル    :12,000円~14,000円(1人)32人分=384,000円~448,000円
◆県立万葉公園 :入園無料
         駐車料金は無料
         和風休憩所500円(1団体)

これらすべての合計=520,880円~584,880円
1人あたり520,880円~584,880円÷32人=16,278円~18,278円(四捨五入)

例3)例4)運転士の宿泊費(1泊2食付)・宿泊施設の駐車代金・有料道路代等、
別途追加となります。

おすすめモデルプランや観光スポット

日帰り:松江巡りコース
集合・解散:JR出雲市駅前

集合 ⇒ 松江堀川めぐり ⇒ 小泉八雲記念館 ⇒ 松江フォーゲルパーク ⇒ 解散

 

◆松江堀川めぐり(松江城の堀を遊覧)
◆小泉八雲記念館(見学/周辺で昼食)
◆松江フォーゲルパーク(見学/散策)
松江堀川めぐりには、3ヶ所(ふれあい広場/大手前広場/カラコロ広場)の乗り場が用意されています。全長8m幅2mの小さな小舟に乗船し、松江城の堀をゆっくり巡ります。桜や梅、紫陽花など、季節の花と船から見える松江城が趣きある風景を作りだしているでしょう。

1泊2日:出雲~松江周遊コース
集合・解散:JR出雲市駅前

1日目
集合 ⇒ 立久恵峡 ⇒ カラコロ工房 ⇒ 玉造温泉(1泊2食付)
2日目
玉造温泉 ⇒ 島根県立八雲立つ風土記の丘 ⇒ 木綿街道 ⇒ 解散

 

◆立久恵峡(見学)
◆カラコロ工房(和菓子作り体験/周辺で昼食)
◆島根県立八雲立つ風土記の丘(見学)
◆木綿街道(散策)
カラコロ工房は、旧日本銀行松江支店を再利用しています。パワーストーンや彫金、ステンドグラスやお香作りなどさまざまな製作体験があり、ガーデンテラスや地下ギャラリーはレンタルも可能です。

貸切バスの予約・キャンセル・注意事項

予約

通常期と繁忙期で1~2万円差額があるため、なるべくお早めにご予約下さい。

通常期 1月上旬~4月上旬/6月中旬~7月中旬/12月
繁忙期 4月中旬~6月上旬(特にGW)/ 7月下旬~11月

 

(バスの種類・乗車人数・曜日・出発地によって料金も異なる)
◆参考料金と混雑カレンダー

3日営業日以内→ 電話予約(03-5765-6333)平日10:00~18:00
休業日:土日祝
出発まで4日営業日以上→ 見積もりフォーム・電話・FAX

 

キャンセル

キャンセル手数料は、旅行開始日の20日前から算出されます。

キャンセル手数料
20日前~8日前 20%
7日前~2日前 30%
前日 40%
当日または連絡なし 100%(払い戻しなし)

 
例3)を7日前にキャンセルする場合
◆八重垣神社/松江城/由志園:予約なしでキャンセルもなし
◆宍道湖観光遊覧船/島根県立美術館
(要予約もキャンセル対応表示なし/予約時に確認)
◆ホテル:320,000円~384,000円×20%=64,000円~76,800円
(キャンセル料の割合は各宿泊施設による)
◆貸切バス料金:118,000円×30%=35,400円
これらすべての合計=99,400円~112,200円
1人あたりのキャンセル手数料99,400円~112,200円÷32人=3,106円~3,506円(四捨五入)

注意事項

◆ハイシーズンとシーズンオフで1~2万円の差額あり
◆乗務員の宿泊手配と宿泊料金が必要
◆交通量の多い場所・狭い場所は配車不可の場合もあり

島根で貸切バスを借りる料金のポイント

島根には石見焼や出雲織、雲州そろばんや石州和紙があり、貸切バスを使えば匠の技が光る伝統工芸にも出会えます。城下町の佇まいを残した町並みやにぎわいある参道、自然の絶景や文化施設も多く、社員研修や遠足など目的に合わせた利用ができるでしょう。鳴り砂で知られる琴ケ浜海水浴場やオシャレな松江イングリッシュガーデンを周遊し、女性に人気の縁結びプランも運行可能です。部活やサークルの卒業旅行、結婚式の送迎や観光巡りなど用途は限りません。「予算はどうだろう」と思ったら、お見積もりからご相談下さい。

関連記事