佐賀県で貸切バスを借りる料金のポイント

岸辺に腰掛けるカップル
佐賀県の魅力的な観光地やレジャー施設を楽しむ計画を立てているのなら、貸切バスを借りて移動を効率化することがおすすめです。

貸切バスを使うことで大人数での手軽な移動や自由度の高いコース選択が可能となるので、観光旅行がより快適なものにできます。

しかし、貸切バスを借りたことがない場合、「佐賀県の旅行で借りるとどれくらい料金がかかるの?」「キャンセル料は発生するの?」と不安に感じることが多いかもしれません。

そこで当記事では、佐賀県で貸切バスを借りるときの料金のポイントを紹介します。
おすすめの観光スポットやモデルプランも紹介しますので、佐賀県で貸切バスを借りての観光を計画しているときにはぜひ参考にしてみてください。

佐賀県で貸切バスを借りる料金のポイント

御見積書
佐賀県で貸切バスを借りるときに気になるのが、「どんな料金」が「どれくらい発生するのか」です。
一般的に貸切バスを借りるときには、バスの種類や利用時間などによって料金が変わります。
そのため実際に借りる前に、見積もりをしてある程度必要な料金を想定することが可能です。
事前に料金の種類や平均値を把握しておけば、トータルのコストを踏まえて計画的な利用が可能となります。
以下からは、佐賀県で貸切バスを借りるときに考えられる料金について解説します。

佐賀県で貸切バスを借りるときの基本料金

佐賀県で貸切バスを借りるときには、まずバスの種類によって変わる料金に注目しましょう。
全国平均を参考にすると、バスの種類ごとの料金は下記の金額が想定されます。(2021年5月時点)

平日の参考価格 土・休日の参考価格
大型バス(29〜60座席) ¥ 50,000~ ¥ 55,000〜
中型バス(27〜28座席) ¥ 45,000~ ¥ 48,000〜
小型バス(21〜25座席) ¥ 40,000~ ¥ 45,000〜
マイクロバス(10〜28座席) ¥ 30,000~ ¥ 32,000〜

 
貸切バスの利用料金は、安心安全なサービスを提供するために国土交通省によって定められています。
一般的に土曜・休日の利用時の方が料金が高くなるため、コストを抑えたい場合には道路上の混雑も避けやすい平日のご予約がおすすめです。

上記の参考料金は、「出発地点からの移動距離が100キロ以内」「午前7時から午後8時までの最大8時間利用」「車種指定、ガイドなし」という条件の下で成り立っています。
そのため佐賀県内での移動距離や利用時間が増える場合には、料金が変動することがあるのでご注意ください。

貸切バスの利用料金はシーズンによっても変わることがあるため、実際に見積もりをとってみたら想定よりも安くなったというケースも多いです。
バスデポは専任スタッフとのやりとりだけで無料見積もりが可能なので、簡単に貸切バス料金を確認できます。
まずは一度見積もりを行って、その時点での佐賀での貸切バス利用料金をチェックしてみてください。

貸切バスを借りたときに現地でかかる料金

佐賀県で貸切バスを利用する際の基本料金(見積もり料金)には、車両の利用代金、運転手代金、燃料費、オプション代金を含めた見積もりを提示しています。
そのためこれらの料金に関しては、事前に支払いを済ませることで追加費用等が発生することはありません。

一方で、貸切バスの利用料金は、以下の項目を含めずに見積もりを行っています。

・有料道路の利用料金
・駐車場の利用料金
・回送料金、回送有料道路の料金
・運転手やガイドの宿泊代(一泊夕朝食代も含みます)

そのため佐賀県を回るプランによっては、必要に応じて現地での追加費用がかかる可能性もあります。
移動に高速道路を使うのか、貸切バスを駐車する場所がどこになるのかを事前に確認し、現地で現金払いが必要になるケースに備えることがポイントです。

観光を目的とした貸切バスの利用の場合、意外な出費となるのが駐車料金です。
特に複数の観光地を貸切バスで回るプランを考えている場合には、駐車料金による出費もチェックしておきましょう。
また、観光施設への入場料や食事代なども、見積もり外の金額になります。
事前に必要経費を計算しておくことが、貸切バスの利用料金をより正確に把握するポイントです。

佐賀県で貸切バスを変更・キャンセルするときの料金について

佐賀県で貸切バスを利用する場合に変更やキャンセルがあると、手数料・キャンセル料が発生することがあります。
バスデポの場合、基本的に車種変更の手数料とキャンセル料金は下記のように設定されています。

車種変更手数料 キャンセル料
旅行開始日の20日前〜8日前 旅行代金の20% 旅行代金の20%
旅行開始日の7日前〜2日前 旅行代金の30% 旅行代金の30%
旅行開始日の前日 旅行代金の40% 旅行代金の40%
旅行開始日の当日、もしくは旅行開始後・無連絡不参加 旅行代金の100% 旅行代金の100%

 
変更と取り消しの受付は、月曜日〜金曜日までの10時〜18時までとなっています。
土日、祝日、年末年始は対応ができませんので、余裕を持って連絡をするようにしましょう。

貸切バスを使用する当日に近いタイミングになるほど、手数料やキャンセル料は大きくなります。
例えば大型バス(55,000円)の利用をキャンセルした場合、それぞれのタイミングで下記のキャンセル料が発生します。

55,000×20%=11,000円
55,000×30%=16,500円
55,000×40%=22,000円
55,000×100%=55,000円

仮に当日のキャンセルとなった場合、旅行代金の100%が手数料・キャンセル料として発生するため、原則払い戻しがありません。
大変もったいないことになるので、万が一突然の参加人数の変更や予定のキャンセルがあった場合には、早めに連絡をして手続きをすることがおすすめです。

佐賀県の貸切バスでおすすめの観光スポット

佐賀県を貸切バスで観光する場合には、行程に組み込むことがおすすめの観光スポットがいくつかあります。
以下では佐賀県にある3つのおすすめ観光スポットを紹介しますので、貸切バスを借りるときは参考にしてみてください。

<御船山楽園>

御船山楽園は、佐賀県武雄市にある観光スポットです。
国によって登録記念物として指定されていて、四季ごとにさまざまな自然の風景を楽しめることで有名となっています。
春は桜、梅雨時は紫陽花、秋は紅葉、冬は冬枯れとときには雪景色も堪能できるので、佐賀県を貸切バスで回るときにはその季節ならではの魅力をぜひ味わってみてください。
開園の時間や入園料はシーズンによって変わることがあるので、事前の確認がおすすめです。

開園時間:8:00〜17:00
入園料:大人:400円、小人:200円
駐車場あり:バス駐車場15台(無料)
ホームページ:https://www.mifuneyamarakuen.jp/

<吉野ケ里遺跡>

吉野ヶ里遺跡は、弥生時代に形成された国内最大規模の環濠集落(周囲をほりで囲んだもの)です。
歴史ある建造物を複数見学できることはもちろん、勾玉づくりや火おこしなどの体験プログラムも充実しています。
地元の食材を活用した魅力的なレストランもあり、古代貝汁御膳(1,530円)や佐賀県産黒毛和牛ステーキ重(3,000円)など魅力的なメニューを楽しめるのも特徴です。

開園時間:9:00〜17:00(6月1日~8月31日の期間は18時まで)
入園料:大人(15歳以上):460円(団体の場合は280円)
中学生以下:無料
シルバー(65歳以上):200円
駐車場あり:バス駐車場111台(1,050円)
ホームページ:https://www.yoshinogari.jp/
https://www.yoshinogari.jp/information/use/

<祐徳稲荷神社>

祐徳稲荷神社は、日本三大稲荷とも呼ばれる有名な神社です。
日本庭園で四季折々の花を楽しんだり、祐徳博物館で歴史ある美術工芸品や資料を閲覧したりできます。

開園時間:24時間営業
拝観料:無料
3,000台収容可能な無料駐車場があり
ホームページ:https://www.yutokusan.jp/

佐賀県の貸切バスを使用するときのモデルプラン

佐賀県を貸切バスで観光するときには、下記のモデルプランを参考にすることもおすすめです。

<中型バスを使った日帰り料金>

中型バス(27〜28座席)
平日 ¥ 45,000〜
土日祝 ¥ 48,000〜

(税抜き価格)
7:00~20:00(8時間未満、行程内容により変動あり)

大人20人で休日利用、佐賀城本丸歴史館や祐徳稲荷神社を楽しむコース

◆貸切バス料金:48,000円(利用時間、走行距離、発着場所などで変動します)
◆佐賀城本丸歴史館:入館料は無料(募金の協力をお願い)、駐車場も無料
◆祐徳稲荷神社:拝観料、駐車料金はともに無料
◆佐賀県立宇宙科学館:常設展示部分の観覧料は大人520円、駐車料金は無料
仮に大人20人で利用した場合、520×20=10,400円

すべての合計:58,400円〜
1人あたりの料金:58,400÷20=2,920円(20人での利用の場合)

<大型バスを使った1泊2日料金>

大型バス(29〜60座席)
平日 ¥ 50,000〜
土日祝 ¥ 55,000〜

(税抜き価格)
7:00~20:00(8時間未満、行程内容により変動あり)

大人36人で平日利用、御船山楽園や武雄温泉を楽しむコース

◆貸切バス料金:100,000円(利用時間、走行距離、発着場所などで変動します)
◆御船山楽園:入場料は大人400円、駐車場は無料
 仮に大人36人で利用した場合には400×36=14,400円

◆泉山磁石場:入場と駐車料金は無料
 隣にある「有田町立歴史民俗資料館」は入館料が大人100円
 仮に大人36人で利用した場合には100×36=3,600円

◆ホテル:約10,000円と仮定すると、36人で利用した場合約360,000円
◆七ツ釜:入場、駐車場料は無料

すべての合計:478,000円〜
1人あたりの料金:478,000÷36=13,277円(36人での利用の場合、小数点以下は切り捨て)

例えば上記のようなモデルプランを採用すると、あくまで仮の料金になりますがこのような数値を想定することができます。

佐賀県で貸切バスを借りる料金のポイントまとめ

佐賀県には魅力的な観光地が多数あり、貸切バスを使うことでそれらをスムーズに楽しむことが可能です。佐賀牛、呼子のイカ、竹崎カニなど食の名産品もたくさんあるので、お土産を選ぶ楽しみも体験できます。
佐賀県での貸切バスの料金をより詳細にチェックしたいときには、ぜひ一度バスデポにご相談ください。目的やご予算に合わせた見積もりが可能ですので、お客様にぴったりのプランをご提示できます。

関連記事