鹿児島県で貸切バスを借りる料金のポイント

桜島
鹿児島県は、大自然や美味しい食材などさまざまな魅力を持った土地であるため、貸切バスを使っての観光がおすすめです。
貸切バスは心を許した人たちだけで移動できる快適な空間を提供できるので、旅行中の楽しい時間がより充実したものになります。

貸切バスは旅行における魅力的な移動手段ですが、料金形態がわからないと利用することに不安を覚えるかもしれません。
そこで当記事では、鹿児島県で貸切バスを借りるときの料金のポイントを紹介します。

鹿児島県で貸切バスを借りる料金のポイント

電卓と貸切バスのイラスト
鹿児島県で貸切バスを借りるときには、いくつか発生する料金の種類があります。
どんなタイミングでいくらくらいかかるのかを事前に知っておくことで、計画的な旅行プランの立ち上げが可能です。
以下からは、鹿児島県の貸切バス旅行で考えられる「基本料金」と「現地でかかる料金」を解説します。

鹿児島県で貸切バスを借りるときの基本料金

鹿児島県で貸切バスを借りるときには、基本料金としてまずバス車両を借りるための金額を把握する必要があります。
2021年5月時点の全国平均価格を参考にすると、バスの種類ごとに下記の料金を想定可能です。

平日の参考価格 土・休日の参考価格
大型バス(29〜60座席) ¥ 50,000~ ¥ 55,000〜
中型バス(27〜28座席) ¥ 45,000~ ¥ 48,000〜
小型バス(21〜25座席) ¥ 40,000~ ¥ 45,000〜
マイクロバス(10〜28座席) ¥ 30,000~ ¥ 32,000〜

上記の料金は、以下の条件に基づいた価格となっています。
・出発地点からの移動距離が100キロ以内
・利用は午前7時から午後8時までの最大8時間以内
・車種指定やガイドなし

鹿児島県内で長距離の移動や早朝・夜間時の利用が必要な場合には、料金が変動する可能性があります。
つまり旅行プランに合わせて車両料金も変わってくるので、こちらの価格は目安とし、プランが決まり次第改めて実際の料金を確認するのがおすすめです。

また、貸切バスの料金は利用するシーズンによっても変わるのが特徴です。
鹿児島県内で貸切バスの需要が高くなる時期は料金も合わせて高まる可能性があるので、事前に見積もりを行うのがポイントになっています。

貸切バスは基本的に平日料金の方が安くなり、駐車場や道路も休日と比べて混雑しにくいといった特徴があります。
コスト面と快適性の両方でメリットがあるので、余裕のあるスケジュールを組めるときには平日の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

鹿児島県で貸切バスを借りたときに現地でかかる料金

鹿児島県で貸切バスを借りる際には、基本料金とは別に現地に行ってからかかる料金があります。
高速道路の料金、駐車場の料金、昼食代、回送料金、運転手やガイドの宿泊代など、さまざまな出費が考えられるので、余裕を持った予算の準備がおすすめです。

特に駐車場料金は、貸切バスを使う限り必要なコストだと考えられます。
観光スポットに駐車場があるのか、料金はいくらなのか(無料なのか)といった点も、事前に確認しておくことがポイントです。

そのほか、観光地の施設には入場料・利用料がかかる可能性も考えられます。
入場料・利用料は団体料金による割引がされることもあり、大人数で移動する貸切バスでは安くなりやすいです。
施設にかかる費用だけでなく、鹿児島にはかるかん饅頭やさつま揚げなど魅力的なお土産も多いため、その購入費も現地で必要な料金として考えておくことがおすすめです。

一方で、車両の利用代金や燃料費、貸切バスのトイレやリフトオプション代金は、基本料金に含まれて見積もられます。
これらは後から追加料金が発生することはないので、現地料金とは別で考えても問題ありません。
基本料金にばかり目がいってしまうと、現地でかかるお金にたくさんのコストをかけられなくなるというケースもあります。
鹿児島という土地を満喫できるように、現地コストもしっかりと計算して見積もっておきましょう。

鹿児島県で貸切バスを変更・キャンセルするときの料金とは?

鹿児島県で貸切バスを利用するときに注意していただきたいのが、車種の変更手数料とキャンセル料です。
既に契約した貸切バスの車種を後から変更したり、利用をキャンセルしたりすると、対応のために費用が発生してしまいます。
バスデポでは変更手数料とキャンセル料として、下記の料金を設定しています。

車種変更手数料 キャンセル料
旅行開始日の20日前〜8日前 旅行代金の20% 旅行代金の20%
旅行開始日の7日前〜2日前 旅行代金の30% 旅行代金の30%
旅行開始日の前日 旅行代金の40% 旅行代金の40%
旅行開始日の当日、もしくは旅行開始後・無連絡不参加 旅行代金の100% 旅行代金の100%

 
貸切バスの利用日が近づくほど、手数料・キャンセル料は高くなってしまいます。
当日になれば旅行代金の100%が対象になるため、払い戻しができず非常にもったいないことになってしまうのです。
万が一車両の変更・キャンセルが必要になったときには、早めに連絡をして必要料金を抑えることを意識してみてください。

バスデポでの変更とキャンセルは、月曜日〜金曜日(10時〜18時)の期間で対応しています。
休日や年末年始などは対応できませんので、スケジュールには十分注意をしてください。
キャンセル料が発生するタイミングが休日などにあたる場合、休業前に変更やキャンセルの手続きを完了させる必要があります。

貸切バスの利用時には、こういった変更やキャンセルが起きないように、準備を進めておくことがポイントです。
参加者全員の意思を確認する、スケジュールを明確にしておくなど、できるだけ変更やキャセルがでないように対策しましょう。

鹿児島県で貸切バスを使って行きたいおすすめ観光スポット

鹿児島県にはたくさんの観光スポットがあるため、貸切バスを利用する際にはどこに行くべきか迷うこともあるかもしれません。
そこで以下からは、鹿児島県で貸切バスを使うときにおすすめの観光スポットを紹介します。

<霧島神宮>

霧島神宮は、6世紀から続く長い歴史を持った神社であり、鹿児島の人気観光スポットの一つです。
朱塗りの見事な神橋や本殿はもちろん、鹿児島湾、桜島、鹿児島市街地を眺められる展望所などを楽しむことができます。

授与所の受付時間:8:00〜17:00
入場料:無料
駐車場あり:バス駐車場10台(無料)
ホームページ:https://kirishimajingu.or.jp/

<釜蓋神社>

釜蓋神社は、厄除けや開運のご利益があると評判の人気パワースポットです。
武の神として畏敬されるスサノオノミコトが御神祭であることから、スポーツでの成功や商売繁盛を祈願して訪れる人も多くなっています。
釜の蓋を頭に乗せてお祈りをする「釜蓋願掛け」がユニークで、ここだけの体験を楽しむことができます。
神社裏にある希望の岬からは開聞岳と夕陽の絶景を堪能できるので、時間を調節して夕方に訪れるプランもおすすめです。

営業日:通年
入場料:無料
駐車場あり:バス専用あり
ホームページ:https://www.city.minamikyushu.lg.jp/kankou/kanko/sagasu/echiiki/kamafuta.html

<城山公園>

城山公園は、鹿児島市内にある有名な自然散策スポットです。
温帯・亜熱帯性植物の数は600種類にものぼり、歩いて移動できるので自然の潤いを堪能できます。
西郷隆盛に関する数々の史跡を鑑賞できる他、展望台からは桜島を眺めることも可能です。

入場料:無料
駐車場あり:無料
ホームページ:https://www.pref.kagoshima.jp/suisuinavi/22991.html
https://www.kagoshima-yokanavi.jp/spot/10002

鹿児島県で貸切バスを使用するときに参考にしてほしいモデルプラン

鹿児島県で貸切バスを借りるときには、以下のモデルプランが紹介できます。
簡単に料金の計算もしているので、貸切バス旅行を計画しているときには一つの参考としてみてください。

<中型バスを使った日帰り料金>

中型バス(27〜28座席)
平日 ¥ 45,000〜
土日祝 ¥ 48,000〜

(税抜き価格)
7:00~20:00(8時間未満、行程内容により変動あり)

大人20人で休日利用、霧島神宮と自然の趣を楽しむコース

◆貸切バス料金:48,000円(利用時間、走行距離、発着場所などで変動します)
◆霧島神宮:拝観料、駐車場料金は無料
◆えびの高原:駐車場料金2,000円(大型バスの場合)
◆霧島温泉市場:駐車場は無料、足湯の利用料金が大人100円
大人20人で利用した場合、100×20=2,000円

すべての合計:52,000円〜
1人あたりの料金:52,000÷20=2,600円(20人での利用の場合)

<大型バスを使った1泊2日料金>

大型バス(29〜60座席)
平日 ¥ 50,000〜
土日祝 ¥ 55,000〜

(税抜き価格)
7:00~20:00(8時間未満、行程内容により変動あり)

大人36人で平日利用、清水磨崖仏群や指宿温泉を楽しむコース

◆貸切バス料金:100,000円(利用時間、走行距離、発着場所などで変動します)
◆清水磨崖仏群:入館料無料
◆知覧武家屋敷:入園料430円(団体割引適用)
大人36人で利用した場合、430×36=15,480円
◆指宿温泉(宿泊):約10,000円と仮定すると、36人で利用した場合約360,000円
◆フラワーパーク鹿児島:入園料500円(団体割引適用)
大人36人で利用した場合、500×36=18,000円

すべての合計:493,480円〜
1人あたりの料金:493,480÷36=13,707円(36人での利用の場合、小数点以下は切り捨て)

上記のようなモデルプランを参考に、まずは旅行の流れを計画してみてはいかがでしょうか。

鹿児島県で貸切バスを借りる料金のポイントまとめ

鹿児島県で貸切バスを借りるときには、まず料金のポイントを確認してシミュレーションを行うことがおすすめです。
バスデポでは専任のスタッフによる見積もりが行えますので、予定のプランに合わせて料金をご提示できます。
鹿児島で貸切バスの利用を検討中なら、まずはお気軽にお問い合わせください。

関連記事