貸切バスで巡ろう北海道観光!函館エリア編

北海道平原
北海道は、言わずと知れた日本で最も面積の広い観光地です。効率良く巡るには、何より貸切バスがいちばん!道内からの出発でも、本州や九州・四国からの出発でも、集合場所へ到着したらはマルっと任せておきましょう。ソウルフードや大自然を満喫し、北海道を味わって下さい。

函館エリアは日帰り温泉や史跡、スキー場や博物館など、魅力あふれるスポットが点在しています。「これぞ北海道」というモダンな建物にも出会えるので、貸切バスの車窓からチェックすると良いかもしれません。

貸切バスで巡ろう北海道観光!函館エリア編

北海道赤レンガ
函館は幕末の歴史を語る場所。五稜郭の戦いが終わり、明治維新も訪れました。「日本を洗濯する」という坂本龍馬の描いた新しい時代は、函館から始まったと言っても過言ではありません。

そんな函館の注目スポットは金森赤レンガ倉庫です。明治に開業し、これまで何度も改装されました。レンガ造りのノスタルジックな外観もさることながら、レストラン・ショッピングモール・ギャラリー・ホールを合わせた4つの倉庫からなり、ベイサイドレストランやモンドセレクション受賞のチーズ店が人気です。特におススメしたいのが函館ビヤホール。軽くてあっさりした北海道ビールは、ここでしか味わえません。貸切バスならお酒を飲んでも大丈夫。焼酎やカクテルもあり、ランチメニューも盛りだくさん。社員旅行や慰安旅行に最適です。
北海道夜景
そして忘れてならないのは函館山の夜景です。ロープウェイや登山バスもありますが、貸切バスなら時間に追われることもありません。山頂展望台ラウンジから、輝く函館の景色を眺望できます。旬の食材を使ったレストランで、夜景を眺めながらの食事も魅力でしょう。函館山限定グッズや北海道銘菓も販売されているため、買い物も楽しめます。

北海道!金森赤レンガ倉庫と夜景観賞の料金

金森赤レンガ倉庫

◆駐車料金:60分1,100円(30分毎に550円/11台)
◆入場料 :無料(買い物は個人負担)
函館ビヤホール/みなと森は公式HPに割引クーポンあり

施設の一例
アクセサリー 生活雑貨 ジュエリー お菓子
インテリア ファッション アート・クラフト体験 カフェ
ベイクルーズ コンビニ レンタサイクル 郵便局

 
◆ベイクルーズ体験:函館湾内1週15分
4月~11月30日まで  大人/1,700円  子供/700円

函館山の夜景観賞

◆駐車料金:無料 (山頂)
◆入場料 :無料(買い物は個人負担)

貸切バスを使えば、夜景観賞の費用も発生しません。
そのため北海道グルメを味わうことも可能です。

函館の味覚パックプラン(最大人数客席:104席)
1人7,500円(6名以上)

洋食フルコース(最大人数客席:80席)
1人7,500円(2名以上)

*メニューは季節により変わることあり
*料金:ロープウェイ往復代と税込み(ロープウェイは利用しないので応相談)
*全席禁煙

例1)20人で金森赤レンガ倉庫(3時間)ベイクルーズと夜景観賞(食事あり)の場合
駐車料金:1,100円+(550円×4)=3,300円
食事料金:7,500円×20人=150,000円
3,300円+150,000円=153,300円
153,300円÷20人=1人あたり7,665円となります。

例2)金森赤レンガ倉庫入場(ベイクルーズ込み)食事は個別の夜景鑑賞
クルーズ料金:1,700円×20人=34,000円
駐車場3,300円+34,000円=37,300円
37,300円÷20人=1人あたり1,865円となります。

貸切バスの駐車場

金森赤レンガ倉庫

タイムズ金森赤レンガ倉庫バス専用 24時間入出可能 0120-77-8924
◆提携駐車場が満車の場合
ウイニングホテル函館(5台)  宿泊者は無料  0138-26-1111
函館朝市乗用車駐車場跡地    乗降のみ    0138-21-3327(観光課)

駐車時間に余裕があれば、八幡坂へも足を伸ばしてみましょう。八幡坂は、赤レンガ倉庫のウォーターフロントから函館山まで続く坂。両サイドの歩道に手すり付き階段があり、函館湾へまっすぐ伸びる道は写真映えします。見慣れた一般的な道路ではなく、石畳も敷か れているため、ヨーロッパの街を彷彿させるかもしれません。

坂の途中に聖ヨハネ教会やハリスト正教会があり、夕日が沈む頃になるとライトアップされます。日本とは思えない異国情緒たっぷりの光景に、心も動かされるでしょう。

函館山の夜景観賞

◆山頂駐車場が満車の場合
函館山麓観光駐車場  乗降のみ  0138-26-9335

①お客さんを降車後→西埠頭駐車場へ移動(警備員が整理番号を交付)
②係員の案内に従う→お客さんの下山時刻に合わせ、函館山麓観光駐車場へ移動
(函館山麓観光駐車場~山頂展望台まではロープウェイを利用)

貸切バス乗降場の例

駐車時間 問い合わせ
元町観光バス駐車場(14台) 9:00~17:30 0138-59-4472
市民の森駐車場(15台) 8:00~18:00 0138-51-4785
五稜郭タワー観光バス専用駐車場(30台) 9:00~18:00 0138-51-4785
新函館北斗駅前観光バス駐車場(20台) 24時間 0138-73-3111(水産商工労働課)
函館空港駐車場(バスの大きさによる) 24時間 0138-59-5081(事務所)
新千歳空港C駐車場(61台) 24時間 0123-45-7061

 
*新千歳空港C駐車場の料金シミュレーターはこちら
*ほぼ予約不可なので問い合わせが必要
新千歳空港~函館は6時間以上必要ですが、飛行機や鉄道と違い最もリーズナブルです。飛行機なら10,000~20,000円。鉄道なら7,300円~12,000円。会社によりますが、貸切バスなら1人5,000円~6,000円で乗車可能です。

金森赤レンガ倉庫と夜景観賞の予約方法

金森赤レンガ倉庫

◆駐車場=予約不可
◆入場 =予約なし
◆ベイクルーズ:予約不要/問い合わせ(080-5597-8677)
◆函館ビヤホール・みなと森
①3日前までに専用フォームから必要事項入力して送信
②お店から(メール/FAX/電話)いずれかの方法で確認あり

函館ビヤホール  0138-27-1010
みなと森     0138-21-1181

函館山の夜景観賞

◆駐車場=予約不可
◆入場 =予約なし
◆夜景を眺めながら食事をする場合
レストラン予約/問い合わせ:0138-27-3127(直通)
◆ロープウェイ利用:当日購入 0138-23-3105(音声ガイダンス)

①山麓駅1Fの発券機で購入(現金もしくは電子マネー)
 (クレジットカード・クーポン・障がい者手帳持参は、チケットカウンターへ)
②チケットのQRコードを改札にタッチして乗車
③山頂へ到着後、QRコードを改札にタッチ

団体運賃(15名以上) 往復 片道
大人(中学生以上) 1,350円 900円
子供 650円 450円

 
*運行状況をロープウェイ公式HPでご確認下さい
山麓駅のお店には、軽食やテイクアウト(いももち串・コーヒー・カフェラテなど)もそろっています。貸切バスを函館山麓観光駐車場へ止めるなら、訪れると良いでしょう。

キャンセル対応

金森赤レンガ倉庫

予約不要でキャンセル対応なし(ベイクルーズも同じ)
◆函館ビヤホール・みなと森を予約した場合(変更その他の理由で連絡)
函館ビヤホール
yoyaku@hkumaiyo.com

みなと森
yoyaku@minatonomori.com

函館山の夜景観賞

予約不要につきキャンセル対応なし
レストラン・ロープウェイ:キャンセル対応については明記なし(要電話確認)

函館山の夜景観賞

予約不要につきキャンセル対応なし
*函館登山道は交通規制(17:00~22:00)あり、その際は山頂駐車場も利用不可
*レストラン :キャンセル対応については明記なし(要電話確認)
*ロープウェイ:キャンセル対応については明記なし(チケットカウンターへ)

ロープウェイは15分毎(混雑時は5~10分毎)に運航していますが、
天候によって営業時間の変更もあります。

北海道を貸切バスで巡る注目ポイント

貸切バスは、函館市内を巡る行程にも向いています。夏の日差しや冬の寒さに関係なく、乗っているだけで観光スポットへ運んでもらえるでしょう。北海道新幹線の新函館北斗駅開業から観光客も増えているため、貸切バスで周遊したほうが混雑緩和にもつながります。

◆金森赤レンガ倉庫の入場(クルーズ込み)と夜景観賞だけなら1人1,865円~
  (駐車場満車時の対応・買い物・乗り場までの交通費は別)
◆貸切バスの駐車料金が低価格
◆予約不要で観光可
◆キャンセル対応も柔軟

函館は道南地域に当たります。道内からは鉄道、道外からは飛行機で移動すれば、あとは貸切バスにゆだねるだけ。函館エリアの観光地を巡り、憧れの北海道を体感して下さい。