貸切バスを青森で借りる!各タイプ別の料金相場は?

青森の自然
青森には、文化・自然・祭り・工芸体験などさまざまな観光スポットがあります。津軽と南部で風土も違い、その土地ならではのおもてなしを受けられるでしょう。地元の食材を楽しめる施設や物産館もあり、青森の魅力を余すところなく感じられます。町内会や社員旅行の料金はいくら必要か。1泊2日と日帰りでどのくらい料金差があるか。貸切バス旅行費用の目安を算出しているので、お問い合わせにお役立て下さい。貸切バスだからこその価格をご案内しています。

貸切バスを青森で借りる!各タイプ別の料金相場は?

青森県内は、鉄道と路線バスが主な移動手段となります。時間が調整しやすいマイカーを選ぶ人も多く、高速道路を利用して旅行に出かける人もいるでしょう。貸切バスの見積もりに有料道路代は含まれていませんが、出発地が遠方であればお問い合わせ下さい。森林セラピーで知られる十二湖の森は、西津軽郡深浦町にあります。青森市からは国道経由で約112kmあり、サイト上に表示した貸切バス参考価格が当てはまりません。そうなると料金を心配する声も生まれそうですが、貸切バスの移動距離は出発地から算出するので、青森市ではなく鰺ヶ沢町からになると話しは別です。このように出発場所で料金も変動するため、決めかねている場合は見積もりの概算をご相談下さい。

鶴の舞橋・青森県営浅虫水族館・高山稲荷神社・千畳敷海岸など、青森には訪れて欲しい名所がたくさんあります。お酒や料理を楽しめる八戸屋台村みろく横丁、にんにくのご当地グルメを味わう田子町ガーリックセンターも人気で、味にこだわりたい観光客の舌を満足させています。まだ味わった経験のないグルメや、青森にしかない風景を手に入れましょう。

中型バスを使った日帰り料金

参考価格)全国平均で算出

中型(27~28座席)
平日 55,000円~
土日祝 58,000円~

(税抜き価格)
*7:00~20:00(8時間未満/行程内容により変動あり)

例1)20人で平日利用し、ねぶたの学びと縄文文化の旅
◆貸切バス料金   :55,000円
◆ねぶたの家ワラッセ:1,620円(駐車料金/2時間)
            550円(1人)20人分=11,000円
◆三内丸遺跡    :660円(1人/観覧料+勾玉作り)20人分=13,200円
           1,500円(青森りんご膳/季節による)20人分=30,000円
これらすべての合計=110,820円
1あたり110,820円÷20人=5,541円

三内丸遺跡の駐車料金は無料です。ここで昼食をとり、組紐作りや火起こし体験をしても良いでしょう。縄文シアターやミュージアムショップもあるため、時間調整に利用できます。

例2)20人で休日利用し、太宰治のふるさと巡り
◆貸切バス料金     :58,000円
◆太宰治記念館「斜陽館」:500円(1人)20人分=10,000円
◆喫茶「駅舎」     :950円(1人/鴨ハンバーグ)20人分=19,000円
◆小説「津軽」の像記念館:180円(1人)20人分=3,600円
◆芦野公園(太宰治の銅像):無料 
これらすべての合計=90,600円
1人あたり90,600円÷20人=4,530円
時間が許せば、太宰治ゆかりの地を巡れます。疎開した家や幼少期に参拝した雲翔寺など、五所川原を散策して文豪の暮らしを体感して下さい。

大型バスを使った1泊2日料金

参考価格)全国平均で算出

大型(29~60座席)
平日 59,000円~
土日祝 62,000円~

(税抜き価格)
*7:00~20:00(8時間未満/行程内容により変動あり)

例3)40人で平日利用し、弘前を味わい尽くす旅
◆貸切バス料金    :59,000円×2日=118,000円
◆岩木山神社     :無料
◆弘前公園      :弘前城と植物園/470円(1人)40人分=18,800円
◆弘前れんが倉庫美術館:約1,000円(近隣駐車場)
 1,200円(1人/観覧料)40人分=48,000円

◆ホテル       :10,000円~12,000円(1泊2食付き)
            40人分=400,000円~480,000円

◆弘前市りんご公園  :340円(1人/りんご収穫体験)40人分=13,600円
これらをすべて合計=599,400円~679,400円
1人あたり=599,400円~679,400円÷40人=14,985円~16,985円

例4)40人で休日利用し、八甲田山トレッキングと温泉
◆貸切バス料金    :62,000円×2日=124,000円
◆八甲田山ロープウェイ:2,000円(1人/往復)40人分=80,000円
◆酸ヶ湯温泉     :15,000円~20,000円(1泊2食付き)
            40人分=600,000円~800,000円
◆東北大学植物園   :170円(1人) 40人分=6,800円
◆地獄沼       :無料
これらすべての合計=810,800円~1,010,800円
1人あたり810,800円~1,010,800円÷40人=20,270円~25,270円

例3)例4)は昼食代を含まず算出しています。1泊2日(2食付き)の料金を考えると、個人手配や公共交通機関を利用するより遥かにお得です。

おすすめモデルプランや観光スポット

1泊2日:下北半島周遊コース

集合・解散:下北駅前広場

1日目
集合 ⇒ 仏ヶ浦 ⇒ 大間 ⇒ 恐山(宿坊)
2日目
恐山 ⇒ 大湊 ⇒ 解散

 
◆仏ヶ浦(観光遊覧船乗船)
◆大間(昼食/マグロづくし)
◆恐山(宿坊1泊2食付き/納経や座禅法話体験)
◆大湊(自衛隊基地の船内見学・北洋館の見学)
100km以上越えるため、料金はご相談下さい。恐山は季節に応じ、開山時期が異なります。宿坊にはお勤めもあり、一般的な宿泊施設では味わえない体験もできます。
蕪嶋神社
集合・解散:八戸駅東口バスターミナル

集合 ⇒ 蕪嶋神社と種差海岸 ⇒ 八戸ポータルミュージアム ⇒ 八戸酒造 ⇒解散

◆蕪嶋神社と種差海岸(参拝とみちのく潮風トレイル)
◆八戸ポータルミュージアム(昼食/伝統工芸体験)
◆八戸酒造(蔵見学と買い物)

龍飛岬や青函トンネル記念館を巡るプランも良いでしょう。JRと路線バスを乗り継いで、青森駅からは約2時間弱。貸切バスの場合は、東北自動車道青森ICから約80km走ります。海面下140mの体験坑道もあり、龍飛斜抗線に乗って坑道を見れば当時の面影を感じられるでしょう。

貸切バスの予約・キャンセル・注意事項

予約

◆3日営業以内は電話予約(03-5765-6333)平日10:00~18:00
◆出発まで4日営業日以上ある場合
(見積もりフォーム・電話・FAX)から、お問い合わせをお願い致します。
WEB FAX:03-5765-2224(無料:24時間受付)詳しくはこちら。

◆見積もり内容を確認後(予約希望の場合)
①メールまたは電話で連絡(概算見積もりは改めて正式な見積もりを算出)
②バスデポから、メールもしくはFAXで「予約確認書」送付
 (「予約確認書」がお手元に届いた時点で予約確定)
③支払い(銀行振込/クレジットカード)
④出発日近く、バスデポから最終確認の連絡

キャンセル

キャンセル手数料は、旅行開始日の20日前から算出されます。

キャンセル料
20日前~8日前 20%
7日前~2日前 30%
前日 40%
当日または連絡なし 100%(払い戻しなし)

 
例3)の旅行をキャンセルする場合

全体 1人分
20日前~8日前 119,880円~135,880円 2,997円~3,397円
7日前~2日前 179,820円~203,820円 4,496円~5,096円(四捨五入)
前日 239,760円~271,760円 5,994円~6,794円
当日または連絡なし 599,400円~679,400円 14,985円~16,985円

 
この表を見てのとおり、キャンセル手数料にも差があります。8日前までと当日キャンセルの差は1人13,988円~11,587円。キャンセルも早めの連絡が必要です。もちろん旅行代金や人数によって違いますが、予定日近くになると割高なのでご注意下さい。

注意事項

◆バスに乗車中以外は保険対応不可
◆バスデポ休業日(土日祝/年末年始等)は手続きの受付不可
◆荷物が多い場合は応相談
◆見積もり依頼の返信は最短で2営業日以内

青森で貸切バス借りる料金のポイント

春の弘前まつり。夏のねぶた。秋の葛沼。冬の八甲田山樹氷。青森は四季を通じ豊かな表情を見せてくれます。耳を澄ませば聴こえる鳥のさえずり。コバルトブルーに輝く青池の神秘。自然と共生したからこそ、美しい姿を残しています。貸切バスを使えば青森を丸ごと楽しめるので、料金を抑えて好みのプランを作れるでしょう。

◆日帰り中型バスの休日利用で4,530円~
◆1泊2日大型バスの平日利用で14,985円~
 (内容や人数による)
◆自然や文化施設が多く旅程を組みやすい
◆概算見積もりも可

出発予定日近くに最終確認の連絡を入れるため、万が一の場合も安心です。貸切バスの手配はバスデポに任せ、心ゆくまで旅行を楽しんで下さい。